主要研究機器

次世代たたら協創センター(NEXTA)では産業界と大学が連携を取りながら先端金属材料の研究を行っています。
研究推進に当たっては、材料工学で重要な4本の柱: ①金属材料の微視的構造を視る(Characterization)②金属材料の強さを測る(Mechanical testing)③金属材料を設計する(Computational modeling)④金属材料を創る(Processing) を相互に関連させ、それぞれについて研究装置を取り揃えています。

button3

Pillar 1: 金属材料の微視的構造を視る(Characterization)

  • 複合ビーム加工観察装置 [FIB-SEM](日本電子 JIB-4700F)FIB-SEM

  • 透過電子顕微鏡 [TEM](日本電子 JEM-2010 イオン加速器結合型)
    透過電子顕微鏡

  • 卓上走査電子顕微鏡(日立ハイテク TM4000Plus)
    卓上走査電子顕微鏡

  • 電子線マイクロアナライザー [EPMA](日本電子 JXA-8530F Plus)
    電子線マイクロアナライザー(EPMA)

  • 全自動多目的X線回折装置(リガク SmartLab SE)
    全自動多目的X線回折装置

  • 超高温観察レーザー顕微鏡システム(米倉製作所 VL2000DX-SVF18SP)
    高温レーザー顕微鏡

  • ナノ3D光干渉計測システム(日立ハイテク VS1800)
    ナノ3D光干渉計測システム


Pillar 2: 金属材料の強さを測る(Mechanical testing)

  • 電気熱機械試験機 [ETMT](Instron ETMT8800)
    電気熱機械試験機(ETMT)

  • 走査型電子顕微鏡内その場機械試験機(Femto Tool社 FT-NMT04-XYZ-H-S)走査型電子顕微鏡内その場機械試験機

  • 全自動微小硬さ計(島津製作所 HMV-G-FA-D)
    全自動微小硬さ計

  • ひずみ速度制御型引張試験機(島津製作所 AG-X 50kN)
    ひずみ速度制御型引張試験機

  • 3次元表面ひずみ計測システム(Correlated Solutions, Inc. VIC-3D)
    3次元表面ひずみ計測システム


Pillar 3: 金属材料を設計する(Computational modeling)

  • 並列計算機(HPCシステムズ)
    並列計算機(HPCシステムズ)

  • 並列計算機(ミック)
    並列計算機(ミック)

  • ワークステーション(HPCシステムズ)
    ワークステーション(HPCシステムズ)


Pillar 4: 金属材料を創る(Processing)

  • 真空凝固シミュレーター((株)東栄科学産業 VSS-Ⅲ)
    真空凝固シミュレーター

  • 研究用真空焼結炉(島津産機システムズ(株) VHLw20/20/40)
    研究用真空焼結炉

  • デジタルサーボプレス((株)放電精密加工研究所 ZENFormer nano MPS420UD)
    デジタルサーボプレス

 

button3