島根大学生のための松江高専・機械工学実験

公開日 2019年12月05日

 


11月27日(水)~11月28日(木)松江工業高等専門学校(松江高専)に於いて、島根大学の学生を対象に工学実験実習の授業を実施しました。
この授業は、島根大学の授業科目である「企業実践インターンシップB」と「実践教育プロジェクト1」の受講生を対象に、機械加工及び材料強度試験の工学実験実習を行うもので、実践的課題解決のための基礎的知識や方法論を学ぶことを目的としています。またこの授業は、「先端金属素材グローバル拠点の創出-Next Generation TATARA Project」における人材育成プログラムの一環として単位互換されます。
参加した7人の学生からは、「金属が切れる瞬間を見るなど、普段の授業では学ぶことのできない専門的な実験や解析を直接学ぶことが出来た」や、「加工方法や材料についてより理解を深めることができ、これからの大学での学びに生かせそう」など、満足度の高いコメントが多数聞かれました。今後も単位互換可能なプログラムを引き続き展開していく予定です。

picture1.JPG
picture2.JPG

お問い合わせ

地域連携・研究協力課