航空機産業プロジェクト推進部門

島根県内企業で生産する航空機エンジン部材向けの材料の受注は年々拡大していますが、その最重要部材である大型鍛造部品は、国内で生産されていない状況にあります。

本プロジェクトでは、国内外の大学等の支援を得て、島根大学を中心とした産学連携による共同研究体制を構築することにより、まずは、超耐熱合金を使った大型鍛造部品の製造技術を確立していきます。

超耐熱合金は耐食性、耐酸化性、高温強度に優れた合金です。グローバリゼーションが進展していく中、ジェットエンジン部品の市場は大きくなっていくことが予想されており、優れた材料の出現が待たれています。

新素材の開発・改良を進めることで、エネルギー分野(ガスタービン)での受注獲得から、最終的には、航空機エンジン用大型鍛造部品の素材生産を含めた純国産化を実現し、日本の航空機産業の発展に寄与することを目標としています。

また、航空機分野での受注拡大や生産性向上のため、県内企業が連携した一貫生産体制の整備を目指し、企業ごとの強みを活かしながら、加工領域の拡大や特殊工程(熱処理・非破壊検査等)機能の確保に必要となる技術の習得を島根大学、松江工業高等専門学校、島根県が連携して支援します。

さらに、県内企業が航空機クラスターの拠点となる共同加工施設を整備し、関連企業の連携を促進するとともに、事業の生産性と品質の向上を実現します。

世界と戦える、航空機エンジン用素材を島根より発信

  • エンジン用新素材の開発・・・環境負荷低減
  • 大型部材の製造技術開発・・・高性能化

航空エンジン産業の現状と次世代たたら協創センターの取組み

→上の図をPDFで見る